スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/12/13 びんちゃんの闘病(最後に・・)

2008/12/12 Fri

癌おばちゃん日記(これで お終い)

「初期の子宮がんです」と告げられ 「あらまぁ癌おばちゃんになっちゃった」と 
たいして暗くもならず あっけらかんにそう 思った。
(日刊イトイ新聞「癌じいさん」のブログを読んでいたので)
そう軽く思えるぐらい 私の中では初期の癌は怖いものではないと認識していた。

ちょうど 入院中に観た番組で 38歳の女優の洞口頼子さんの
私と同じ子宮がんの闘病記が放送されていたが・・
彼女の場合 いろんな自覚症状が出ていたのに
なかなか検査に行かず 行ったときには リンパ節にまで移転している末期の癌で 
手術も8時間かかり 大変な事になっていた。
改めて 早期発見できたありがたさ、定期検診の大切さを思った。

それにしても手術も 14年前のものと比べ 雲泥の差があるぐらい 
痛みを和らげてもらい ぐっすりと眠れ 術後の経過も良好に過ごせ 好循環だったと思う。

うれしかったのが 病院の中にあった図書館。
週に2回 2時間だけボランティアの方が来てくれて 貸出ししてくれていた。
持って行った15冊の本をあっと言う間に読んでしまった私には とてもありがたいものだった。

月に1度はピアノリサイタルも あったみたいで 
私は術後すぐの日だったので聞きに行けなかったんだが ・・
患者さんの事を色々と考えてくれている 良い病院だなって思った。

今回の入院であらためて 友達の温かさも感じた。
ちょうど誕生日もあったので 皆からあたたかいメールやらプレゼントが送られ・・
退院してからも退院祝いって事で お花やプレゼントを頂いた。

早く元気になって私も皆に あたたかさを送り続けようと思った。

癌おばちゃん・・・がんばるぞぉ!・・・って
もう癌取っちゃったから お終いだ。

では 改めて・・・びんちゃんがんばるぞぉ!!

毎日病室から観ていた綺麗な夕焼け。

768-1.jpg
スポンサーサイト

2008/12/12 びんちゃんの闘病(退院までの日々)

2008/12/12 Fri

癌おばちゃん日記(退院までの日々)

11月8日(術後1日目)

お昼には起きて 歩いてトイレに行く。
頭を起こしたら 吐き気がすごい。(トイレが近くて良かった)
点滴も夜には針を抜いてくれ夜からお粥が出る。(結局絶食したのは丸1日だけ)

9日(術後2日目)

体を起こしたら 吐き気がするので食欲ゼロだったが
誕生日のケーキの代わりのプリンが出て それだけおいしくいただく。

10日(術後3日目)

夜で点滴お終い。
夕飯から 普通食が出るが まだ 食欲なし。

全身麻酔の時 気管に管を通した痕が痛かったんだが・・
咳が出始め 加湿器を持って来て貰ったり
トローチを貰ったり、薬を出して貰ったりしたが 治らない。
傷口に響き 涙を流しながら体を丸くして咳き込む(;;) 

11日(術後4日目)

シャワーを浴びる事が出来 さっぱりと気持ち良くなる。
そろそろと歩いて図書館まで本を借りに行く。
よくばって借りて 重くて 帰りが大変だった。(^^;

13日(術後6日目)

創部の金具の半分を外す。

14日(術後7日目)

金具を全部外す。
これで 一気に痛みは少なくなり 楽になる。
食事も半分ぐらいは食べられる様になる。

15日(術後8日目)

この日から 毎日シャワーを浴びる。
ベッドの上で ただ・・ひたすらゆっくりと 療養する。
やっと 咳き込む事なくなる。

21日(術後14日目)

退院。


写真はお誕生日のプリン、図書館の本とずっと聞いていたラジオ、友達のお見舞いのブータ君。
(介護用品売り場で見つけてくれたらしい、点滴するとき腕を乗せたりするらしい)

・・今回 お見舞いは断っていたんだけど突き止めて(はぁ?)
やってきてくれた兄貴、Cちゃん、Aちゃん ありがとうございました。
ブータ君は看護婦さん達にも大人気で 癒しになりました。


767-1.jpg

767-2.jpg

767-3.jpg

2008/12/11 びんちゃんの闘病(手術の日)

2008/12/11 Thu

癌おばちゃん日記(手術の日)

5日 夫に付き添って貰い 入院。
さすがに1日目は いろんな物音で眠れなかったが2日目からは平気で寝てました。
小さなユニットバスも 病棟にあったので ゆっくりお湯に浸かる。
食事が思ったより 暖かくて美味しくて 喜ぶ私。(^^)v

7日 お昼1時に手術の予定。
11時に睡眠薬(ハルシオン)を飲み 爆睡してしまう私。
11時から5時頃までの記憶まったくありません。(;;)
手術室がどうだったか、手術着がどんなだったか・・
せっかくかけて貰う音楽もリクエストしていたのに・・・あぁぁぁぁ。
(でも看護婦さんに言われ 自分でトイレにも行きベッドの上にちょこんと座って看護婦さんに
手術着を着せて貰ったそうだ(夫の証言)

手術時間は1時間20分。
4時頃病室に戻って「寒い」とガタガタ震え 電気毛布を敷いてもらい 
分厚い布団に覆われ「まだ寒い!」って 文句タレていたそうだ(夫の証言)

当日の夜中から床ずれ(とまでは言わないだろうが・・・)でお尻が痛く
看護婦さんに背中に枕を入れて貰ったり・・
手術の前に履いた ストッキングでふくらはぎが 痛くてずらしてもらったり・・・
といろいろ迷惑かけましたが 術後3日程は麻酔が効いてくれていて 
ほとんど うとうと 寝っぱなしでした。
(先生が「もう抜きましょうね」って2日目に言った時「だめです ずっと入れておいてください
抜かないで」と懇願してしまった(^^;;;

ちなみに 全身麻酔、硬膜外麻酔で術後の痛みもあまりありませんでした。
(麻酔を抜かれた後は痛くて慌てて 鎮痛剤飲んだし、初めて体を起こすときは
先に看護婦さんに座薬を入れて貰いましたが (^^;)

766-1.jpg

766-2.jpg

766-3.jpg

2008/12/10 びんちゃんの闘病(入院までの日々)

2008/12/10 Wed

癌おばちゃん日記(入院までの日々)

10月15日 検査入院をする。
産婦人科病棟・・・夫が付き添ってくれたんだが 新生児も居て
なんだかほんわかする雰囲気の場所なのに癌検査とは
不思議な気分がした。

10月23日 結果を夫と一緒に聞きに行く。
初期の子宮癌との事、11月5日入院
11月7日に子宮と卵巣の摘出手術が決定。
そのまま 術前検査にあっちこっち回り、貧血の薬を2倍に増やされる。
術前検査でおちゃらけた事をしてしまい 夫と大爆笑。
「私 癌患者なのに・・・」と 自分のあほさぶりに少々驚く(はぁ?)

10月24日 MRIを撮る。
10月25日 なんば花月へ(はぁ?)
10月26日学校のバザーへ。(をいをい!)
10月27日~  せっせと冷凍庫に食べ物を作って詰め
ひと月以上 買い物には行けないだろうから日常雑貨の買い出し、
猫達のフード、トイレ砂など 山盛り買い、自分には本を買い込む。(^^v


写真は・・・予想以上に美味しかった病院食。
器に工夫がされていて あったかい料理でした。
病院は丘の上にある静かな住宅街の真ん中。
見晴らしが良く 毎日夕焼けで染まる空を見るのが楽しみでした。

765-1.jpg

765-2.jpg

765-3.jpg

2008/12/09 びんちゃんの闘病(癌告知を受ける)

2008/12/09 Tue

癌おばちゃん日記(始まりは・・・9月2日の人間ドック。)

去年、今年と続けて受けた人間ドック。
約3週間後に結果が出て 胃炎と貧血 
それに婦人科での再検査と書かれていた。

きっと子宮内膜症か子宮腺筋症で(ずっとそれは言われていたので)
手術になってしまうんだろうなと思い
さて どこで手術しようかと いろいろ調べて考え
人間ドックの時の医者がとても感じが良く 
ドッグの時も 色々聞いてくれて「精密検査した方が
いいかもしれませんね」 
とまで 言ってくれていたので
その先生の外来の日を調べて診察を受け 
細胞検査をして貰い 結果を2週間後の10月9日に聞きに行く。

その日まで まさか癌だとは思わず のんびりと 手術するのなら
3月がいいなあとか思っていたのだが どうも 先生の口調が違う。
「今日の午後に時間を取りますから 
子宮入り口の精密検査をしましょう、
それと時間が勿体ないので 結果を待つ間に
子宮の中を検査入院して調べましょう」と スケジュールが組まれる。

同日 お昼から 精密検査に再度病院に行き 最後に先生と
話をした時 写真を見せられ「ここに ありますねぇ」と・・
私・・「何が?」と 聞くと「癌ですね」って・・
「でも初期ですから 大丈夫ですよ」と・・手術の為に
貧血を治しておきましょう、鉄剤飲んでくださいねと処方される。

10月9日・・・思いもかけない 癌告知を受ける。

癌おばちゃんになった日だ。


写真は持って行った荷物。
(マイ枕2個も一緒に)

764-1.jpg
プロフィール

びんちゃん

Author:びんちゃん
2004年春、高校3年生になったばかりの娘がクローン病と認定されました。 
2004年4月から10月まで入院、手術もして 退院してからは母(びん)が毎日送り迎えして学生生活を送っています。

今現在(2010年8月)、薬学部の4年生です。

HP『ひなたぼっこ』の容量が一杯になり 
過去の記事が消えて行っています。
ずっとそれで良いと思っていたのですが やはり 残しておきたいと思うようになり このブログを作りました。

家族は パパ、びん、クローン娘(お姉ちゃん)、弟(お兄ちゃん)
(マナ(雌)2002年10月29日生まれ(推定)アト(雌)2007年6月1日生れ(推定) ひなた(雌)2011年3月3日生まれ(推定)とんぼ(雄)2012年5月17日生まれ の4人と4匹です。

このブログを書いているいるのは 2012年天国に行ってしまったルゥ君です。

よろしくお願いします。

メールは
ultrabin1109@gmail.com まで お願いします。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。